omote

11月27日(日)開催 特別講演会のご案内

【11月27日(日)開催 特別講演会のご案内】
2016年11月27日(日)
京都商工会議所/3F講堂
14:30開場 15:00開演

なぜムスリムなのか、なぜ京都なのか
国際観光都市京都が訪日ムスリムを招き入れる意義
京都が変われば日本が変わる!

知らないということが一番怖い、イスラームのこと知ってみませんか?

ムスリムは今や世界の人口の1/4にあたる約15億人、そして近い将来には3人に1人はムスリムになると言われています。
そんなムスリムのことを日本人はどれだけ知っているのでしょうか。
2020年東京オリンピックに向けた日本のインバウンド戦略における国際観光都市京都の役割、ムスリム・イスラーム文化について、国際情勢や宗教に精通している作家の佐藤優氏を講師として招き、ニュースだけでは伝わらない「本当のイスラーム」を教えます。

講師紹介

佐藤 優
プロフィール
作家・元外務省主任分析官
1960年東京都生まれ、1978年埼玉県立浦和高等学校、1983年同志社大学神学部を卒業。1985年同志社大学大学院神学研究科修了(神学修士)。
1985年に外務省入省。英国の陸軍語学学校でロシア語を学び、その後、モスクワの日本国大使館、東京の外務省国際情報局に勤務。外交官勤務のかたわらモスクワ国立大学哲学部で弁証法神学を講義し、東京大学教養学部で民族問題を講義する。
著書/多数。『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮社、2005年)は、大きな波紋を呼び、毎日出版文化賞特別賞を受賞。『自壊する帝国』(新潮社、2006年)が新潮ドキュメント賞、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した。

主催:一般社団法人京都ハラールネットワーク協会
協賛:京都料理学校/株式会社モリタ屋/京都青果合同株式会社/株式会社美濃吉/岩本印刷株式会社/株式会社インヘリット
後援:京都府/京都市/公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー/公益財団法人京都市国際交流協会

チケットのご購入に関しましては、本サイトのお問い合わせよりご連絡ください。
Peatixでもチケット販売しております。
URL: http://ptix.co/2dhnK0T